節約,副業

ガリバーフリマで車が安く買える3つの理由

ガリバーフリマで車が安く買える3つの理由

こんにちはゴリおです

少し前の話にはなりますが自分でガリバーフリマを使ってみたところ、

非常に安く車が購入できました

 

以前までは「安い車=粗悪な車」といったイメージがあったのですが、

実際に自らガリバーフリマ を利用してみて

「粗悪な車」という理由以外の安さの理由があることを知りました

 

「安いものには何か良からぬ理由がある」と疑ってしまうのが

日本人の国民性のように思えますが、

こうした考えでガリバーフリマを使わないのは非常にもったいないです

 

この記事では、ガリバーフリマの安さの理由をできるだけわかりやすく解説しますので

よければ参考にしてください

消費税がかからない

日本の法律では個人売買に消費税がかかりません

ガリバーフリマの場合、

諸経費には税金がかかりますが、車両価格には税金がかかりません

単純に、車両価格80万円の車を買う場合8万円分安く買うことができるのです

在庫を抱えるリスクがない分、ガリバーの利益が少ない

中古車業界は在庫を抱えるリスクが非常に大きい業界でもあります

販売店は在庫を抱えるリスクが非常に大きい為、その分多くの利益を得なくてはなりません

その為、車両価格が高くなってしまうのです

在庫を抱えるリスクとして代表的なものは以下の3つです

1,駐車場代がかかる

当たり前ですが、在庫を抱えるにはそのスペースが必要です

そしてどんな店も車を展示できるスペースには限りがあります

そう考えると、月200万の家賃で50台車を展示できるお店の場合

一台当たり毎月4万円分の駐車場代がかかっていると言えるでしょう

2,相場が下がる

車の価格というのはオークション会場の相場で決まっています

自動車のオークションは毎週行われますが、

基本的に同じ車の相場が下がることはあっても上がる車はありません

したがって在庫の車は、毎週価格がさがっていくのです

3,故障が多くなる

車は乗らない期間が長いと故障が多くなるものです

したがって在庫として置いてある時間が長いと故障が多くなり

整備費用が上がりやすくなります

ガリバーフリマのシステムは完全な無在庫流通

ガリバーフリマはオーナーが車に乗ったまま出品するビジネスモデルです

言い換えるとガリバー側には在庫を抱えるリスクがありません

だからこそ、今まで利益をとっていた分、車両価格を安くすることができるのです

相場が分からない出品者が安く出してる場合がある

中古車の販売価格はオークション会場の相場を元にプロが値付けしています

だからこそ相場からかけはなれた金額の車は存在しません

オークション出せば100万円で売れる車を、

わざわざお客様に90万円で売る業者なんていませんよね

販売店で車を買う場合、多少お得な車はあれど「お宝車両」は存在しないのです

ガリバーフリマの場合、車両価格を決めているのはプロではなくて一般のお客様です

ほとんどの方はオークションの相場なんて知りもしません

だからこそ相場からかけ離れた価格で出品してる人もいるのです

 

こうした理由から、相場よりも明らかに高い金額で出品されている車もありますが

その反対に、相場よりも明らかに安い金で出品されている車もあるのです

在庫の検索はこちらから

今後、相場よりも明らかに安い金額で出品されている車

を紹介していこうと思いますので、よければ参考にしてください