暇つぶし

“おうちデート”を必ず成功させる為の圧倒的な準備についての考察

 

「おうちデート」

 

 

 

まるで同棲してるかのような甘い時間を過ごせる夢のデート

付き合いたてのカップルにとってこれほど幸せな時間はないだろう

 

 

しかし、おうちデートを成功させるためにはしっかり準備する必要がある

 

まずは準備の前段階として、目指すべきおうちデート、、

「おうちデートの成功例」について考えてみよう

 

あなたのイメージする理想的なおうちデートとはどんなものだろうか?

「おうちデート」の成功例

週末、彼氏の家でおうちデートすることになったので、2人は準備を始めた

 

彼氏「来週末おうちデートか〜、ちゃんと掃除しないとな、水回りを重点的に、、アロマとかも買っちゃおっと♡

彼女「まずは着ていく服を決めよう、料理の勉強もしないとね、あとは何があってもいいように、ムダ毛処理は徹底しなきゃ♡

 

そして当日

 

彼女「おじゃましま〜す。 ええぇーーー!!!めちゃくちゃ部屋綺麗じゃん!!しかもなんかいい匂いがする♡♡

彼氏「ありがとう!掃除した甲斐があったよ!〇〇こそ、今日の服めちゃくちゃ可愛いじゃん♡♡さあ入って入って!

 

2人がたわいもない会話を楽しんでいると、突然彼氏のお腹が「グ〜」となった

 

彼女「お腹空いたの? じゃあ私が何か作ってもいい♡?

彼氏「え?なにそれ!すごい嬉しい‥♡♡!作って作って!!!

 

==20分後==

 

彼氏「なんか、、、料理してる姿、、えっちだな♡

彼女「もう、♡ 変なこと言わないでよ、ほら、できたよ

 

お腹も膨れた2人は、ベッドの上で映画を見ることにした。

 

彼女「ねえ、、何見よっか♡♡?

彼氏「そうだなぁ〜せっかくだから恋愛映画みたいな‥これとか見たことある?

 

==2時間後==

 

彼女「やばい‥、悲しすぎる‥泣いちゃった‥

彼氏「切ないけど素敵だよね、、でも、、俺たちはずっと一緒にいたいな♡♡

彼女「うん♡♡ ずっと一緒にいよ♡♡

 

イチャイチャラブラブな空間があたりを包み、どんどん2人の距離が近くなる、2人は自然に口づけを交わした

彼女「んあっ♡ 幸せ‥ もっとしたい♡

彼氏「んんっ♡ 〇〇、、大好きだよ♡

 

そして2人は熱い夜を過ごした‥‥

 

 

 

こんなところだろうか

 

 

まず一言言わせてほしい

 

 

 

 

 

「甘い」

 

 

 

 

これはデートが甘いということではない、

おうちデートに取り組む姿勢、恋人に対する姿勢、もはや人生に対する姿勢が甘すぎるのだ

なぜなら、実際におうちデートを行なった場合、ここまで完璧にことが運ぶのは極めて難しい。おうちデートとは非常に多くのリスクを孕んだ行為であり、一つの判断ミスが2人の関係に大きな亀裂を入れてしまう、圧倒的な準備と覚悟がなければこのリスクを回避するのは困難であり、準備を怠ったカップルが陥る結果は一つ“破局”である

 

そこでこの記事ではおうちデートに潜むリスクを解説し、破局のリスクを回避するために必要となる圧倒的な準備について明示したい

 

リスクその1 「部屋問題」とその解決策

まずは出会い頭、彼女が彼氏の部屋に突入した際に発生するリスクがこれである

 

 

 

彼女「おじゃましま〜す。 ええぇーーー!!!めちゃくちゃ部屋綺麗じゃん!!

 

===5分後===

 

彼女「あれ? 冷蔵庫‥あんまり自炊しないんだね、、大丈夫、料理は私がつくるよ〜〜

 

彼女「あれれ? 窓の桟‥まあここまで掃除しないよね〜〜

 

彼女「あれれれ? 浴槽‥ちょっとぬめってない?まあお風呂掃除大変だよね〜〜

 

彼女「あれ?あれれ?あれれれあれあら?あれsらえらえらら???えっさえっさどさfjs??

 

彼女「だらしない人って、将来考えられないから無理だわ、ごめんね、、、

 

=====破局=====

 

彼氏はがんばって掃除をしたはずなのに、一体どうしてこうなってしまったのだろう

 

これはある意味、男女の性差が産んだ悲劇とも言えよう

 

男性は初めて聞く話かもしれないが、

実は彼氏の部屋をチェックする際、女性のありとあらゆる能力は飛躍的に上昇するのだ

 

視力は7.0,360度全てを見渡す視野をもち,IQは300優に超える‥‥ “草食動物の視野を持つマサイ族なアインシュタイン” その名も“チェッキングモンスター”の誕生である

 

彼氏がどれだけ頑張って部屋の準備をしようと、この破局を回避することは不可能なのだ

 

 

ではどうすればよかったのだろうか

 

 

この破局を回避するための完璧な対処法は

 

 

 

 

 

 

 

彼女が1ヶ月間ゴミ屋敷で生活することである

 

 

 

 

逆転の発想だ

 

ここで重要なのは、彼氏が部屋を綺麗にすることではない

 

彼女の「綺麗な部屋に対する要求値」を圧倒的に下落させることなのだ

 

 

大前提として、おうちデートの際は、最低1ヶ月の準備期間を設けるべきだ

 

まず彼女は、友人に声をかけゴミ袋を回収し、それで部屋を満たす。

その後、ゴミ袋だらけの部屋で生活するわけだが、その間「片付ける」という行為を一切行ってはならない。

初めはただの「ゴミ袋に満たされた部屋」だったものが、時間の経過により、悪臭が漂い、虫が湧き、どんどん劣悪な環境になっていく。悪臭でなんども嗚咽しそうになり、命の危険を感じながら1ヶ月という長い長い時間をすごすのだ。

 

1秒たりとも自分の部屋にいたくない、、

 

そんな状態で彼氏の部屋に入るのだ

 

 

彼女「OH MY GOD!!!! this is‥‥ heaven??

 

まず彼女は驚くだろう、この部屋からは「悪臭」が一切しないことに

 

そこに一匹のゴキブリが現れる、、、しかし彼女は驚きもしない

数万匹の虫と暮らしていた彼女は、虫が「少ない」ことにさえ感激するのだ

リスクその2 「料理問題」とその解決策

こうして「部屋問題」を解決した2人であったが、

おうちデートに潜むリスクは他にもある

 

その一つが「料理問題」だ

 

 

 

彼女「ほらっ 簡単だけどパスタ作ってみたよ!!

彼氏「ありがとう! えぇー本格的!! いただきます

彼女「美味しい!! 〇〇料理上手だね

心の声「う〜〜ん カップラーメンよりは美味しいがコンビニパスタ以下だな、微妙

心の声「本格的っていうか 無駄なこだわりが多いだけだし、このパスタに30分もかける価値もないしなんかめんどくさいな

心の声「そもそも“おいしい”って毎回言わなきゃいけないのもめんどくさいし、もう本当にめんどくさい、めんどくさいめんどくさいさめあbさいdなdh

 

=====破局=====

これもかなり難しい問題である

結局のところ、彼氏が彼女の料理を心の底から“うまい”と思わなかったことが原因ではある。

しかし、人が食べ物を“うまい”と認識するためには、個人の趣味志向もそうだが、その時の環境や健康状態も大きく関係する。そうした複雑な要素が絡み合う中で、彼氏に確実に“うまい”と言わせる料理を提供する事は非常に困難だ

 

 

しかし一つだけ方法がある

 

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

彼氏が1ヶ月間絶食をすることだ

 

 

 

 

絶食と言ってもそこで死んでしまっては元も子もない

命を繋げるギリギリのラインを見極め、できるだけ質素な食生活をおくるのだ

 

成人男性の場合、1日にビタミン剤うまい棒一本が妥当だろう

 

 

もはや言うまでもないが、空腹は最大のスパイスになる

 

 

1ヶ月たった頃には全ての料理が好物になっているだろう

彼氏「パスタ?オムライス? もちろん大好きだよ!

 

それだけではない、全ての「食材」が大好物だ

彼氏「玉ねぎ?サンマ?唐辛子? もちろん生でも大好きだぞ!

 

もはや全ての「有機物」が彼の好物だ

彼氏「ティッシュはいいぞ、なにせあのフワフワ感がたまらない、「机」の歯ごたえも悪くないけどな‥

 

 

机をガリガリと噛み砕こうとする彼氏に対して手作りパスタを差し出す彼女

 

それは「手作り」と呼ぶにはあまりにもお粗末なもの

 

1kg198円の激安パスタを茹で、市販のたらこソースを絡めただけのパスタだ

 

 

しかし、それを口にした彼氏は絶句する

 

 

彼氏「お、お、お、お、お えもいえぬ美味、、楽園の空気を吸うかのごとく‥力が‥みるみる満ちてくるのがわかる‥ まさに妖精の霧‥」

 

彼氏「この味を知ってしま‥ては  もう他のものは 喰えぬ‥では ない‥か」

 

彼氏「‥そうか 余は  この瞬間のために生まれて来たのだ‥!!」

リスクその3 「価値観の相違」とその解決策

次に、別れる原因の中でも多くの割合を占める「価値観の違い」について触れていこう

 

昔に比べて「オタク」が増えてきている今の世では、アニメ、漫画、ドラマ、映画と言った「趣味の違い」で別れるカップルが増えてきているように感じる。

 

好きな人に自分の好きなもの知ってほしい思うのはごく自然な感情だ。だからこそ、好きな作品を相手に共有しようとするカップルも多いだろう。

 

しかし、相手に勧めた自分の趣味が否定された場合、それは喧嘩の火種にもなりえる。

 

もしくは勧められた作品がつまらないと感じた場合“面白い”と嘘をつく人も多いだろう。

しかしこの行動は “相手に嘘をつく罪悪感” や “話を合わせられる不信感”に直結するため、相手を思った行動が、逆に2人の溝を深めてしまうことも少なくない。

 

ましてや「恋愛映画」などで恋愛に対する価値観の違いを感じてしまうと、そこから一気に熱が冷めてしまう

 

彼女「やばい‥、悲しすぎる‥泣いちゃった‥

 

彼氏の心の声「うわ〜、全然感動しなかった〜 てか何でこいつ泣いてんだ、そんなに良かったかこの映画、恋愛観全く合わないな、、、、てか価値観合わないな、、

 

=====破局=====

 

映画を見る際に発生する「価値観の相違」への対処法

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

1ヶ月間“素数”を数え続けることだ

 

 

 

“価値観の違い”は、どちらかがその映画を「つまらない」と感じることで発生する。だからこそ、双方の“エンターテイメントへの感受性”を高めることでこれを克服しよう

感受性を高めるために必要なのは“とにかくつまらない行為”を繰り返し行うこと、すなわち「素数を数えつづける」ことである

 

 

彼女「405553!405577!405599、、♡♡??

 

 

彼氏「3658877!3658891っっっ!365894!!! 3658981、、、3659009!!♡

 

 

彼女「9 4・7137 さyが407149 kだうgd407153 dなwぢw407177 4dwんhdbうq79 407191ああぁぁ01010010100ぁぁx13 408787 40880さんぇっぇっぁぁーーーーー

 

 

自らをここまで追い込み

“エンターテイメントへの感受性”を極限まで高めれば、

どんな駄作だろうと大号泣間違いなしである

 

 

リスクその4 「夜の相性」とその解決策

どんなに素敵なデートをしたとしても結局「夜の相性」が悪ければ台無しだ

 

 

 

しかし、ここまで読んだ暇人ならば、もう何をすべきか答えはわかっているだろう

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

1ヶ月のオナ禁だ

 

 

 

オナ禁するだけで性欲が高まり、相性なんか関係なく興奮する

 

 

ここまでの内容が全てできていれば100点満点のおうちデートができること間違いなし

 

みなさん是非試してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

 

 

 

 

 

 

 

 

もし

 

 

 

 

 

もしも

 

 

 

 

 

 

 

 

100点以上のおうちデートを目指したいならば

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ相手のことを想っているならば

 

 

 

 

 

 

 

もう一つ試してみて欲しいことがある

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ヶ月間全裸で過ごすことだ

 

 

 

 

 

 

肌に触れるもの全てを脱ぎ捨て「人肌恋しい」気持ちを増幅させるのだ

 

 

 

 

今日のまとめ

おうちデートに必要な準備

  • ゴミ屋敷で生活する
  • 断食する
  • 素数を数え続ける
  • オナ禁
  • 全裸で生活する

 

 

みなさん、町で、「餓死寸前で衰弱しながら素数をブツブツと呟くフルボッキな露出狂」を見かけたら、大好きな彼女とのデート前でウキウキしてる僕なので、暖かい気持ちで警察を呼んでくださいね、、、