ガリバーフリマ

【危険?すぐ壊れる?】ガリバーフリマの車が安い本当の理由

安かろう悪かろうが基本の中古車業界で、明らかに安いガリバーフリマ‥

 

うーん、なんだか怪しいですよね‥

そこで、ガリバーフリマの車が安い本当の理由について解説します

1、消費税がかからない

日本の法律では個人売買では消費税がかかりません。

通常のお店で100万円の車を買う場合、10万円分の国に税金を払わなくてはいけませんがガリバーフリマを使えばこの費用がかからず、10万円分安く車が買えます。

2,整備費用がかからない

デメリットにも聞こえますが意外とそうでもありません。

なぜなら、車を購入時に整備をすると整備費用が割高になるからです。

整備費用って車屋さんからしても契約時点では何円かかるか分からない項目です。

だからこそ、おそらくこの金額をもらっておけば赤字にはならないだろう!という金額を整備費用として徴収します。

もちろん、整備なしの車を購入するのは不安かもしれませんが、近所の工場とかで整備してもらった方が安くなる可能性高いです

3,ガリバーの取り分が少ない

よくネットのなどでガリバーフリマの手数料が高いという口コミを目にします

車両価格10万円なのに総額25万円もするのかよ~!みたいな口コミです

でも、他のお店で車を買う場合10万円で買い取りされてる車って販売総額50万円ぐらいになります!

この現実を知らない人が悪い口コミをいるだけで、自動車業界なんてこんなもんです

むしろ販売価格と買い取り価格が15万円しか離れていない事って実は自動車業界では良心的だったりします。

だって考えてみてください、保証とかコーティングとかいろいろつけて300万円だった新車が285万円で売れたらめちゃくちゃ凄くないですか?

 

 

ではなぜカリバーフリマが良心的なかと言うと、

ガリバーフリマのサービスは在庫を抱えるリスクのないサービスなんです

 

売れない中古車を在庫として抱えてると、駐車場代だって馬鹿にならないですし、そもそも価値もどんどん下がっていきます。数あるビジネスの中でも自動車って在庫抱えるリスクが多い部類のビジネスと言えます

でもガリバーフリマの在庫って、ガリバーとしては登録しているだけで、自分たちの在庫じではありません!

だからこそ、在庫を抱えるリスクがない分、ガリバーも利益が少なくてもやっていけるんですね